霊園・寺院のご案内

東光寺

真言宗豊山派 東光寺
埼玉県大里郡岡部町後榛沢376-1 [MAP] 048-585-0600
本尊
薬師如来
建立
文治二年(1186)

疫病平癒祈願に鎌倉から五社七仏を勧請



 武蔵武士、榛沢六郎成清が文治二年(一一八六)疫病平癒祈願の為、源頼朝より寺号を拝領し、鎌倉雪の下の霊場で薬師仏を得て当寺を創建して安置したと伝えられる。
 その後法印祐索により至徳三年(一三八六)再興され、針ヶ谷弘光寺より法流を相続し、同寺の第一席末寺となった。
 全盛時には、七堂伽藍を備え、仏教修行の学山として栄えたが、明治六年(一八七三)に出火、薬師堂、山門、長屋門を残すのみで他は全て焼失したが、本尊薬師如来は、当時薬師堂にあり焼失を免れた。
 現存する本堂は平成二年(一九九〇)に再建されたものである。





弘法大師像